M Direction(エム・ディレクション)がお届けするイベントシーン
M Direction エム・ディレクション

SIDE天職

エム・ディレクションに関係の深い
最高にかっこいい“天職者”との対談をお届け致します。
憧れの仕事に就く。そしてその仕事が“天職”となる。
そんな幸せな人がこの世にどれくらいいるのでしょうか?

MD応援企画第2弾“天職”では、毎月1回、最高にかっこいい“天職者”との対談をお届けします。
バリバリのビジネスマンはもちろん、転職や就職を考える若者にも読んで頂きたい。
日本には、かっこいい“天職者”がたくさんいます!

Vol.2


Jリーガーを蹴った男。
どうしてもクルマ造りをしたかった男。
自分の努力に絶対的な自信を持つ、絶対ブレない男。

虫谷 泰典 / Yasuyoshi Mushitani
マツダ株式会社 車両開発本部 操安性能開発部 上席エンジニア

≪中学時代≫
 サッカー部のキャプテンを務めているにもかかわらず、
 ラジコン研究費を稼ぐために、毎朝、新聞配達のアルバイト 
≪高校時代≫
 広島県立広島工業高等学校 ・サッカー部所属
 1年 第64回全国高校サッカー選手権大会出場
 2年 第65回全国高校サッカー選手権大会出場 /ユース日本代表候補
 3年 第66回全国高校サッカー選手権大会出場 / ベストイレブン /
   ユース日本代表
≪社会人時代≫
 1988年 マツダ株式会社入社
       マツダサッカークラブ入部(現サンフレッチェ広島)
 1992年 イングランド・プレミアムリーグへサッカー修行
         (Jリーガーになれたのに・・・)
       サッカー選手を引退 ~ 【クルマ造り専念宣言】

PHOTO 麻生 祥代

【ブレない男・虫谷 Episode 1】
ラジコン研究か? サッカーの試合か?
悩み続けた学生時代

 MD宮崎

虫谷さんと言えば“サッカー選手”のイメージが強いんですが、小さい頃からサッカー一筋ですか?

 虫谷

いや、クルマ大好き、ラジコン大好きな少年でした。
ちびっ子の頃は、15分歩いて国道2号線まで行き、クルマの観察に行ってましたから。 珍しいクルマの台数を数えるために。あとは、ラジコンを買っても分解したり、それだけでは飽き足らず、材料調達から自分で始めて、イチからラジコン造りをして、日々研究。ラジコン研究費を稼ぐために、中学時代から新聞配達のアルバイトまでしてました。
ただ身体能力が高かったこともあって、サッカーでもそこそこ(かなり謙遜)頑張ってて、ラジコン全国大会(タミヤグランプリ@静岡)と中学サッカーの試合が同じ日に被ってしまい、超~迷ったのを覚えてます。サッカー部でキャプテンをしていたので、一応、サッカーの試合に行きましたけど。

 MD宮崎

そんなクルマ大好きな虫谷さんが、10代の時、サッカー選手を選んだ理由は?

 虫谷

サッカーで高校に入って、いきなり1年の時に全国大会に出てしまい、ユース日本代表にも選ばれてしまい、企業や大学からサッカー推薦のオファーが来てしまったんです。 それでも高校の進路指導の時に“卒業後には、広島の自動車短大に行って、将来はディーラーの整備士として、クルマに携わりたい”みたいなことを伝えたら、先生に“馬鹿もん!ここまでやってきたサッカーを捨てる気か!”って怒られて、サッカーの道を選ぶことにしたんです。 それでもクルマの可能性を考えて、当時のトップリーグ「JFL」でクルマメーカーだった、「マツダ」と「日産」の話を聞くことにしたんです。日産さんは、サッカー選手だけの契約だったんですが、マツダさんはサッカー選手引退後のことも考えてくれる(クルマ造りに携われる)と、元マツダ・サッカー部の今西監督に言ってもらえたので。
知ってますか? 育将・今西和男。この今西さんのもとで過ごせたのはとても大きかったです。
“サッカー人である前に、良き社会人であれ!”って、いつも言われていて、礼儀とか、社会人としての姿勢とか、会社への貢献とか、そっちのほうが大事だと。それが私のベースにあると思います。実はその時の今西門下生で、今もその教えを忠実に守って活躍しているのが、森保さん(現・五輪サッカー日本代表監督)やら、森山さん(現・U17サッカー日本代表監督)でした。森保さんは私の1つ上の先輩で、マツダサッカー部時代、同部屋だったんで、会えば、今でもよく話しますよ。

【ブレない男・虫谷 Episode 2】
Jリーガーではなく、クルマを取った覚悟
“35歳の時に胸を張って、マツダのエンジニアだ!”
と言いたい

 MD宮崎

率直に聞きますね・・・なぜそのままJリーガーにならなかったんですか?

 虫谷

もちろん、クルマへの想いがあった・・・これが主な理由ですが、それだけでもなくて。

Jリーグが始まる1年前に、当時、イングランド・プレミアムリーグで、その昔UEFA(クラブヨーロッパチャンピオンズリーグ)も制覇した古豪「イプスウィッチ」にサッカー留学させてもらったんですけど、その時に世界のレベルに衝撃を受けたんですね。自分も少なからず代表経験があって乗り込んだんですけど、技術はもちろん、世界とのメンタリティの差・・・これは衝撃でした。あとは、韓国遠征の時に観てしまった閑古鳥のスタジアム。Jリーグの未来を見てしまったかのようで。

 

本当にいろいろ悩んだ末、人生をリセットしようと覚悟を決めました。

 

その時、心に決めたことが・・・

“35歳の時に胸を張って、マツダのエンジニアだ”と言えるようになろう。

サッカー選手が30歳を過ぎて引退を考え出し、第2の人生を始める頃の35歳に、私は胸を張っていたいと思いました。でも実は辛かったですよ~ 自分は1人前に仕事ができない、お金もない。でも同級生のJリーガーは、年収ウン千万で、ポルシェに乗って帰省してくるんですからね。やっぱり悔しかったですね。

PHOTO 麻生 祥代

【ブレない男・虫谷 Episode 3】
頼まれたコピーは、完璧に頭に叩き込むため、
熟読しながら数時間かけた

 MD宮崎

いよいよ、クルマ造りに突入するんですね!

 虫谷

実は、プロ化する前のサッカー選手時代にも勤務時間は少しあって。出勤してもコピーだけでしたけど、このコピーも真剣に取り組んでて。入社時から配属を「実研部」にして頂いていたので、コピーをする紙にもいろんな実研結果だったり、考察付きの最新情報が記載されていて、それを興味を持って、全部熟読してからコピーしてたので、マル秘情報まで頭の中に刷り込まれていたんですよ。
頼まれたコピーは、熟読しながら、完璧に頭に叩き込んで、数時間かけてやってましたよ。

 MD宮崎

コピーで数時間は、さすがに・・・

 虫谷

そう、“何やってんだ~!”って怒られたこともありましたが、クルマに関われるわずかな時間だったので、真剣でしたね。
サッカーを辞めても、一生懸命、熟読しながらコピーを続けていたら“面白い若者がいる”っていう噂が立つんですよね。そしたら、同じ部署の女性が旦那さんに僕のことを話してくれて。この旦那さん(笠原さん)が話したいと言ってくれて、いろいろ「シャシー実研」の魅力を教えて頂くことになるんです。その後「実車信頼性実研」で、夜な夜な、ず~とクルマを走らせて、バラして、品質確認して、また組み立てて、また走って・・・クルマを研究しまくって5年。ようやく、憧れの「シャシー実研」に異動になり、その時の上司が、5年前にお話ししたあの旦那さん(笠原さん)になるんですよ。全て繋がってるんですよね。

PHOTO 麻生 祥代

【ブレない男・虫谷 Episode 4】
F1のレジェンド「ジャッキー・スチュワート」でも
一般ユーザーの目線

 MD宮崎

クルマ造り人生でのターニングポイントは?

 虫谷

20代後半の時、若手が唯一、上の方々とお話できる“肩の凝らない技術報告会”というのがあって、その場で“こんなんじゃマツダはダメだ~海外のプレミアム車は~!”みたいなプレゼンをして、皆さんを凍り付かせたことがあったんです。批判的なコメントもありましたけど、その時の座長(当時の本部長・金井さん)が肯定的で、しっかりと話を聞いてくれて、その半年後には海外常駐にさせてもらえたんです。
この時、たくさんの世界レベルを感じることが出来たことはとても大きかったです。

 

中でもジャッキー・スチュワートさんとの出会い。私の人生で、第2の今西さんと思っているんですが、F1でワールドチャンピオンに3回輝いて、今でもF1全体のアドバイザーかな。
ジャッキー・スチュワートさんの家まで行って、いろいろ教えて頂いたんですが、彼は常に一般ユーザーの目線、免許取り立ての人の感覚で、クルマを指摘するんですよ。世界ナンバー1のスピードで走ってきた方が普通の運転者の感覚でクルマの指摘をするんですよ。この方との出会いは、間違いなく私のクルマ人生のポイントで、今でもこの時の学びを大事にしています。

PHOTO 麻生 祥代

【ブレない男・虫谷 Episode 5】
誰よりも努力した自信があるからこそ、
絶対にブレない

 MD宮崎

虫谷さんの言葉には絶対的な自信を感じるんですが、ご本人でも意識されていますか?

 虫谷

ん~言葉に自信があるかどうか分かりませんが、誰よりもクルマに乗っていますからね。

 

F社の傘下時代、僕が信じるスタンダードをF社の担当主査に完全ダメ出しされたことがあったんですね。
何度チャレンジしても受け入れてもらえなくて。言うことを聞かないんだったら担当者を変えろ~!まで言われて。何とか渋々納得させて、南アフリカの現地テストに持っていったことがあるんです。
このテストは、1週間に数十台、他社のクルマも乗り比べするんですけど、初日の1台目に僕のクルマに乗ったF社本体のSUV最高責任者が“これは誰がチューニングしたんだ?!”
って言うんですよ・・・ヤバい、怒られるのかな・・・と思ったら、“Mushitani-san! コングラッチュレーション!”って大絶賛。担当主査も手のひら返しでしたけど、そんなことよりも、世界レベルで評価され、自信を掴んだ瞬間だったと思います。

 MD宮崎

1回ぐらい妥協したことはないんですか?

 虫谷

ないです。折れたり、妥協したり、諦めたりはないです。
これだけ準備してきたんだから! これがいつも根底にあります。
サッカーの話になりますけど、僕がユース代表に選ばれたのは、ヘディングが強かったからなんです。高校時代、ペンデルボール(紐付きのヘディング練習用ボール)で練習し過ぎて、2回救急車で運ばれました。当時は、ヘディングだけは日本一って自信がありましたから。これだけやってるから負けるはずがない!この想いは強いです。もちろん負けた時は、潔く認めますけど。
泥臭いこともやって、自信に変るまでやっているので、ブレることはないです。

 

でもね、自分1人じゃ何もできないと思ってるんです。自分の行動を見てくれて、誰かが反応してくれる。評価は周りがしてくれるんですから。何で評価してくれないんだ~って思う前に、自分を整理しろ!こう思ってます。

 MD宮崎

最後に、私にダメ出ししてください。

 虫谷

宮崎さんは“本質を理解している人”です。イメージですけど、宮崎さんの世界って上辺だけでもやれる仕事もあると思うんです。とても華やかだし。でも宮崎さんはいろいろ準備するし。そう!陰の準備が凄くて、もの凄く気を配ってくれて、おそらく相当しんどいはずなのに。宮崎さんがいなくなったら、このイベントは出来ないだろうな~と思ってましたので。だから私はリスペクトしてるんだと思います。

 MD宮崎

身に余るお言葉でございます。ありがとうございます!

PHOTO 麻生 祥代

対談シリーズ

阿部 佳

Kay Abe

グランド ハイアット 東京
コンシェルジュ

阿部 佳 グランドハイアット東京 コンシェルジュ

 
テレビ業界のみなさん!阿部さんをドラマ化したら絶対に当たりますよ!
 

 

虫谷 泰典

Yasuyoshi Mushitani

マツダ株式会社 車両開発本部
操安性能開発部 上席エンジニア

虫谷 泰典 マツダ株式会社 車両開発本部

 
Jリーガーを蹴った男。どうしてもクルマ造りをしたかった男。自分の...
 

 

西田 敏行

Toshiyuki Nishida

造園造形師


西田 敏行 造園造形師

 
NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』の造園を手掛ける西田敏行さん...
 

 

岩田 雅裕

Masahiro Iwata

フリーランス医師


岩田雅裕 フリーランス医師

 
リアル”ドクターX”。絶対的な技術で、年間300以上のオペを続ける...